招待講演

2024年

       
  1. 福間剛士、「革新的原子間力顕微鏡技術による未踏ナノ領域の開拓と世界トップレベル研究拠点の形成」、第46回 JEOL R&Dエグゼクティブ交流会、2024年2月5日、経団連会館(東京)

2023年

       
  1. Takeshi Fukuma, "Subnanoscale Imaging of Nano-Bio Interfaces by 2D- and 3D-AFM Imaging Techniques," 2023 MRS Fall Meeting & Exhibit, Nov. 26 - Dec. 1,2023 (Boston, USA)
  2. 福間剛士、「ナノ内視鏡AFMによる生細胞内部のナノ動態・力学計測」、ニコンソリューションズ/ブルカージャパン共催ウェビナー、2023年11月21日、オンライン(ホスト:ブルカージャパン)
  3. 宮澤佳甫「液中原子間力顕微鏡の開発と、動物・微生物・植物細胞の応用計測の展開」, 第14回植物電子顕微鏡若手ワークショップ,2023年11月17日,理化学研究所横浜キャンパス(横浜)
  4. 市川 壮彦「原子間力顕微鏡を用いた生きた細胞のナノスケール表面構造体及び内部構造体観察方法の開発」, 生体機能の解明とその応用に関する研究会, 2023年11月16日, 名古屋工業大学(愛知)
  5. 【基調講演】Takeshi Fukuma, "Visualizing EDL Structures and Chemical Reactions by Open-Loop Electric Potential Microscopy," Operando SPM 2023, Nov. 15-16,2023 (Berlin, Germany)
  6. 福間剛士、「液中原子間力顕微鏡技術の開発とそのナノ粒子研究への応用」、粉体工学会2023年度秋季研究発表会、2023年10月10-11日、インテックス大阪(大阪)
  7. Takeshi Fukuma, "Atomic Force Microscopy Technique for Visualizing the Inside of Living Cells", The 82nd Annual Meeting of the Japanese Cancer Association, Sep. 21-23, 2023 (Yokohama, Japan)
  8. Takeshi Fukuma, "Molecular Ordering and Electrochemical Reactions at Solid-Liquid Interfaces Investigated by Atomic Force Microscopy", The 20th International Microscopy Congress (IMC20), Sep. 10-15, 2023 (Busan, Korea)
  9. Takeshi Fukuma, " AFM Study on the Hydration of PVA Brush Surface and Its Impact on the Interaction with Abrasive Nanoparticles", 25th International Symposium on Chemical-Mechanical Planarization (CMP), Aug. 6-9, 2023 (Lake Placid, USA)
  10. 福間剛士、「液中原子間力顕微鏡技術の開発と生体分子・細胞計測への応用」、第6回分子サイバネティクス・第50回分子ロボティクス定例研究会、2023年6月29日、オンライン(ホスト:慶応義塾大学)
  11. 【基調講演】Takeshi Fukuma, "Visualizing Inside of 3D Self-Organizing Systems by 3D-AFM", 9th Multifrequency AFM Conference, Jun. 14-16, 2023 (Madrid, Spain)
  12. 【基調講演】Takeshi Fukuma, " Visualizing Inside of 3D Self-Organizing Systems by 3D-AFM", The 9th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies (EM-NANO 2023), Jun. 5-8, 2023 (Kanazawa, Japan)
  13. ※宮澤佳甫,「液中原子間力顕微鏡(AFM )による細胞内構造・力学特性計測」,第5回形態解析ワークショップ,2023年6月3日, 順天堂大学(東京)
  14. ※Keisuke Miyazawa, Takeshi Fukuma, “Intracellular live imaging of organelle structures and mechanical properties by nanoendoscopy using AFM”, The 100th Anniversary Annual Meeting of The Physiological Society of Japan, Mar. 14-16, 2023 (Kyoto, Japan)
  15. ※宮澤佳甫,「超解像液中原子間力顕微鏡の開発」,光ナノサイエンス特別講義,2023年2月28日, 奈良先端科学技術大学院大学(奈良県生駒市)
  16. Keisuke Miyazawa, “Super-resolution atomic force microscopy for measurements of surface and internal structures and physical properties of biological samples”, NIG Biological Symposium, Feb. 6, 2023 (Mishima, Japan)

2022年

  1. Takeshi Fukuma, "Visualizing Inside of 3D Self-Organizing Systems by 3D Atomic Force Microscopy" , 2022 JAIST International Symposium of Nanomaterials and Devices Research Area, Dec. 14, 2022 (Nomi, Japan & Online)
  2. Takeshi Fukuma, "Intracellular Structures and Mechanics of Living Cells Investigated by Nanoendoscopy-AFM", 6th NanoLSI International Symposium, Nov. 14-15, 2022 (Kanazawa, Japan & Online) Takeshi Fukuma, "FM- & 3D-AFM Techniques for In-Liquid Nanoscience Research", NanoLSI Technology Showcase, Oct. 6, 2022 (Kanazawa, Japan)
  3. Takeshi Fukuma, "Introduction to Research Activities at Nano Life Science Institute (WPI-NanoLSI)", The Computational Biophysics of Atomic Force Microscopy, Sep. 21, 2022 (Kanazawa, Japan & Online)
  4. 福間剛士、「液中原子間力顕微鏡による生命システムと金属腐食現象のナノスケール研究」、令和4年度生命金属科学夏の合宿、2022年9月4日、ルスツリゾートホテル&コンベンション(北海道虻田郡)
  5. 福間剛士、「NanoLSIにおける国際研究拠点形成と国際頭脳循環への取り組み」、自民党科学技術・イノベーション調査会、2022年8月2日、自由民主党本部(東京)
  6. 福間剛士、"Development of Cross-Scale In-cell AFM Technologies for Elucidating Intra-Cellular Structures and Dynamics"、学術変革領域A第2回領域会議、2022年7月28-29日、金沢東急ホテル(金沢)
  7. Keisuke Miyazawa, “Measurement of surface and internal structures and physical properties of biological samples by super-resolution atomic force microscopy”, RIKEN CSRS Seminar, Jul. 20, 2022 (Yokohama, Japan)
  8. 宮澤佳甫、「液中サブナノスケール原子間力顕微鏡の開発と材料・バイオ研究分野への応用展開」、AGC株式会社 分析・評価・解析技術主催講演会、2022年7月19日、AGC株式会社(横浜)
  9. 宮澤佳甫、Marcos Penedo Garcia、岡野直子、古庄公寿、市川壮彦、Alam Mohammad Shahidul、 宮田一輝、中村史、福間剛士 「生きた細胞内部の分子構造動態を可視化するためのIn-cell AFM技術の開発」、第22回日本蛋白質科学会年会、2022年6月8日、つくば国際会議場(つくば)
  10. Takeshi Fukuma, "Nanoendoscopy AFM for visualizing nanodynamics and nanomechanics inside living cells", Engineering Mechanics of Cell & Tissue Morphogenesis, Jun. 4, 2022 (Kanazawa, Japan & Online)
  11. 福間剛士、「世界トップレベル研究拠点プログラム −金沢大学ナノ生命科学研究所−」、NanoLSI Special Seminar at Takaramachi Campus、2022年6月1日、(金沢大学、金沢)
  12. 宮澤佳甫、「液中サブナノスケール原子間力顕微鏡の開発と生体試料計測への応用」、AgTechセミナー、2022年5月13日、東京大学アグロバイオテクノロジー研究センター(東京)
  13. Keisuke Miyazawa, “Development of nanoendoscopy-AFM for visualizing intracellular nanostructures of living cells”, IEEE-NEMS2022, Apr. 14-17, 2022 (Online, hosted by IEEE, USA)
  14. 福間剛士、「AFMによる3次元自己組織化構造の内部観察」、ISSP Workshop「機能的走査プローブ顕微鏡の新展開」、2022年3月31日、オンライン(ホスト:東京大学物質材料研究所)
  15. Takeshi Fukuma, Kazuki Miyata, Yuta Kawagoe, Naoyuki Miyashita, Tomoki Nakagawa, "Atomic-scale structures and dynamics at the growing calcite step edges investigated by high-speed frequency modulation atomic force microscopy", Faraday Discussion - Understanding Crystallization, Mar. 28-30, 2022 (Online and York, UK)
  16. Takeshi Fukuma, "Visualizing Unexplored Nanoworld by Innovative In-liquid AFM Technologies", The 99th CEMS Colloquium, Mar. 23, 2022 (Online and Wako, Japan)
  17. Takashi Sumikama, "Movies of binding and unbinding of biomolecules and analyses on them", 5th NanoLSI International Symposium, Mar. 1-2, 2022 (Online and Kanazawa, Japan)
  18. Takeshi Fukuma, "Visualizing Intracellular Nanostructures of Living Cells by Nanoendoscopy-AFM", 5th NanoLSI International Symposium, Mar. 1-2, 2022 (Online and Kanazawa, Japan)
  19. 福間剛士、「オープンループ電位顕微鏡を用いた局所金属腐食機構の解析」、腐食防食部門委員会第304回例会、2022年1月18日、オンライン(ホスト:日本材料学会腐食防食部門委員会)

2021年

  1. 福間剛士、「液中AFMと情報科学技術の融合とグリーンサイエンスへの応用研究」、JST-CRSD先端計測グリーンワークショップ、2021年11月27日、オンライン(ホスト:JST、東京)
  2. 福間剛士、「革新的液中原子間力顕微鏡技術による未踏ナノ領域の可視化」、ナノ科学シンポジウム2021、2021年11月22日、(横浜KGU関内メディアセンター、横山)
  3. 福間剛士、「先端ナノスケール分析技術を用いた産業分野における活用事例」、富士電機コア技術講座「材料分析・評価技術」、2021年11月9日、(富士電機能力開発センター、日野)
  4. ※宮澤佳甫,福間剛士,「生細胞内部を可視化するナノ内視鏡の開発」,2021年日本表面真空学会学術講演会(オンライン開催),2021年11月3日~5日    
  5. Takeshi Fukuma, "Visualizing Inside of 3D Self-Organizing Systems by 3D-AFM", AVS 67 Virtual Symposium, Oct. 25-28, 2021 (Online, hosted by AVS, USA)
  6. Takeshi Fukuma, " Visualizing Nanoscale Distribution of Corrosion Reactions at Aluminum Alloy – Electrolyte Interfaces by Open-Loop Electric Potential Microscopy ", NanoGe Fall Meeting 2021, Oct. 18-22, 2021 (Online, hosted by Fundació Scito, Valencia, Spain).
  7. Takeshi Fukuma, "Inhibition of Nanoparticle Adhesion to PVA Brush Surfaces by Ammonia-Mediated Hydration", The 2021 CAMP CMP Symposium, Aug. 16 - 19, 2021 (Online, hosted by Clarkson Univ., USA)
  8. 福間剛士、「金沢大学ナノ生命科学研究所における活動の紹介」、ナノプローブテクノロジー第167委員会第98回研究会、2021年7月29日、オンライン(ホスト:豊田工業大学、名古屋)
  9. Takeshi Fukuma, " Visualizing Inside of 3D Self-Organizing Systems by 3D-AFM", The 2021 I(SPM)3 Conference, Jun. 28 - Jul. 2, 2021 (Online, hosted by NIST, USA)
  10. 【基調講演】福間剛士、「革新的ナノプローブ技術によるナノ生命科学研究の新展開」、第73回日本細胞生物学会大会、2021年6月29日~7月1日、オンライン(ホスト:日本細胞生物学会、東京)

2020年

  1. 福間剛士、「液中AFMによる界面現象や生命現象のオペランド計測と「次世代」の方向性」、JST-CRSD科学技術未来戦略ワークショップ、2020年11月25日、12月2日、オンライン(ホスト:JST、東京)
  2. Takeshi Fukuma, " Visualizing Inside of 3D Self-Organizing Systems by 3D-AFM", The Virtual Symposium on Scanning Probe Microscopy: Current Status and Future Trends, Nov. 9-10, 2020 (Online, hosted by Peking University, China & Ewha Womans University, Korea)
  3. Takeshi Fukuma, " Visualizing Inside of 3D Self-Organizing Systems by 3D-AFM”, Virtual RMS AFM & SPM Meeting, November 3-4, 2020 (Online, hosted by The University of Sheffield, UK)
  4. Takeshi Fukuma, " Visualizing Inside of 3D Self-Organizing Systems by 3D-AFM”, The 8th Multifrequency Conference, October 27-30, 2020 (Online, hosted by The Institute of Materials Science in Madrid, Spain)
  5. 福間剛士、「3次元AFMによるサブナノスケール液中計測技術の発展と展望」、日本学術振興会水の先進理工学第183委員会第52回研究会、2020年2月4日、東京理科大学(東京)

2019年

  1. 福間剛士、「液中原子間力顕微鏡技術の開発とそのナノバイオサイエンスへの応用」、第32回バイオエンジニアリング講演会、2019年12月20日、金沢商工会議所(金沢)
  2. 福間剛士、「革新的バイオSPM技術による生命科学における未踏ナノ領域の開拓」、LINK-Jネットワーキング・ナイト#40、2019年12月3日、日本橋ライフサイエンスハブ(東京)
  3. 福間剛士、「液中高分解能AFM技術の高速化と多機能化」、日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会 第93回研究会、2019年11月8日、東京大学生産技術研究所(東京)
  4. 福間剛士、「液中原子間力顕微鏡による生きた細胞の表面および内部のナノ構造計測」、ナノプローブ表面特性評価技術セミナー、2019年10月31日、樋口本店ビル(東京)
  5. 福間剛士、「液中表面電位分布計測技術による銅微細配線のナノスケール腐食挙動解析」、2019年日本表面真空学会学術講演会、2019年10月28-30日、つくば国際会議場(つくば)
  6. 福間剛士、「液中表面をAFMでみる」、CSJ化学フェスタ、2019年10月15-17日、タワーホール船堀(東京)    
  7. Takeshi Fukuma, “2D/3D-AFM imaging of biological systems and demands for advanced AFM data analysis”, The 57th Annual Meeting of the Biophysical Society Japan, September 24-26, 2019 (Miyazaki, Japan)
  8. 【基調講演】福間剛士、「液中原子間力顕微鏡による2次元および3次元界面計測技術」,JASISコンファレンス「走査型プローブ顕微鏡を利用した先端分析技術」,2019年9月4日,幕張メッセ国際展示場(千葉)
  9. Takeshi Fukuma, “Visualizing Nanoscale Distribution of Corrosion Reaction Sites in Copper Fine Wires by Open-loop Electric Potential Microscopy”, The 23rd International Symposium on Chemical-Mechanical Planarization, August 11-14, 2019 (Lake Placid, USA)
  10. 福間剛士、「高分解能液中原子間力顕微鏡技術の開発とその化学分野における応用」、化学とマイクロ・ナノシステム学会 第39回研究会、2019年5月31日、金沢大学(金沢)
  11. 炭竈享司, “3D-AFM像の理論予測とHS-AFMの動画解析”, 第2回CREST会議(高速原子間力顕微鏡1分子計測のデータ同化による生体分子4次元構造解析法の開発), 2019年3月29-30日, (坂井)
  12. Takeshi Fukuma, “Three-dimensional AFM imaging of hydration and flexible surface structures at solid-liquid interfaces”, APS March Meeting 2019, March 4-8, 2019, (Boston, USA)

2018年

  1. 福間剛士,“高速・3次元液中FM-AFMによる原子スケール固液界面構造とその動態の計測”, 日本顕微鏡学会走査型プローブ顕微鏡分科会研究会, 2018年12月16-17日, 湯沢ニューオータニホテル(越後湯沢)
  2. 宮田一輝、福間剛士,“高速液中FM-AFMによるイオン結晶溶解過程の原子分解能その場観察”, 2018年日本表面真空学会学術講演会, 2018年11月19-21日, 神戸国際会議場(神戸)
  3. T. Fukuma, "Visualizing atomic-scale structures and dynamics at solid-liquid interfaces by high-speed frequency modulation AFM", International Symposium & School on Crystal Growth Fundamentals, November 3-7, 2018, (Sendai,Japan)
  4. 福間剛士, "顕微鏡で観る物性や生命現象の起源", 金沢大学公開市民講座, 2018年9月30日 ,金沢大学サテライト・プラザ(金沢)
  5. 福間剛士, "オープンループ電位顕微鏡を用いたナノスケール腐食解析", 2018年電気化学会秋季大会, 2018年9月25-26日, 金沢大学(金沢)
  6. 福間剛士, "高速周波数変調原子間力顕微鏡を用いたカルサイト結晶溶解過程の原子スケールその場観察", 2018年電気化学会秋季大会, 2018年9月25-26日, 金沢大学(金沢)
  7. 福間剛士, "高速周波数変調原子間力顕微鏡を用いたカルサイト結晶溶解過程の原子スケールその場観察", 日本物理学会2018年秋季大会(物性), 2018年9月9-12日, 同志社大学(京田辺)
  8. 福間剛士, "原子間力顕微鏡を用いた固液界面の3次元水和構造計測", 日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム, 2018年9月5-7日, 名古屋工業大学(名古屋)
  9. T. Fukuma, "Visualizing Subnanometer-Scale Structures and Dynamics at Solid-Liquid Interfaces by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy", Molecular Foundry User Meeting 2018, August 15-16, 2018 Berkeley, USA
  10. T. Fukuma, "Visualizing Calcite Growth and Dissolution Processes by High-Speed FM-AFM", Gordon Research Conference on Biomineralization, July 29 - August 3, 2018, New London, USA
  11. 炭竈享司, "KcsAチャネルでK+とNa+の選択的透過のMDシミュレーションによる再現", 第3回イオンチャネル研究会 ~チャネルフェニックス~, 2018年7月19-20日, 福井市総合ボランティアセンター 研修室(福井)
  12. T. Fukuma, "FM-AFM in Liquids", MAINZ Summer School: Investigating Solid-Liquid Interfaces, 11-15 June, 2018, Mainz, Germany
  13. T. Fukuma, "Visualizing Nanoscale Distribution of Corrosion Cells by Open-Loop Electric Potential Microscopy", The 1st Ebara Open Innovation International Symposium on CMP, May 16, 2018, Fujisawa, Japan
  14. 福間剛士, "液中原子間力顕微鏡を用いたナノサイエンス研究", 金沢市医師会主催第17回卒後研修セミナー, 2018年5月12日, 金沢21世紀美術館(金沢)
  15. T. Fukuma, "Recent Progress in Liquid-Environment Frequency Modulation AFM and Its Related Techniques", The 20th International Scanning Probe Microscopy Conference, May 8-11, 2018, Tempe, USA
  16. 宮田一輝、John Tracey、宮澤佳甫、Ville Haapasilta、Peter Spejker、川越裕太、Adam Foster、塚本勝男、福間剛士, "高速FM-AFMを用いた純水中におけるカルサイト溶解過程の原子分解能その場観察", 第65回 応用物理学会春季学術講演会, 2018年3月17-20日, 早稲田大学(東京)
  17. 福間剛士, "液中高分解能原子間力顕微鏡技術の開発と固液界面研究への応用", 福井大学テニュアトラック制度シンポジウム, 2018年2月23日, 福井大学(福井)
  18. 福間剛士, "液中で原子・分子の動きを観る顕微鏡", 日本海イノベーション会議, 2018年2月12日, 北國新聞会館(金沢)
  19. T. Fukuma, "Recent Progress in FM-AFM and 3D-AFM for Visualizing Structures and Dynamics at Solid-Liquid Interfaces", XX. Annual Linz Winter Workshop, Feb. 2 – Feb. 5, 2018, Linz, Austria

2017年

  1. T. Fukuma “Recent Progress in Liquid-Environment FM-AFM and Its Related Techniques” MRS Fall Meeting 2017 29 Nov., 2017 Boston, USA
  2. 福間剛士 "AFM用力検出機構の高性能化と応用事例" 第二回AFMソリューションセミナー 2017年11月22日 グランフロント大阪タワー(大阪)
  3. 福間剛士 ”液中原子間力顕微鏡を用いた固液界面現象のその場観察” 日本顕微鏡学会「様々なイメージング技術研究部会」第5回研究会 2017年11月18日 天の丸(愛知県額田郡)
  4. 福間剛士 ”オープンループ電位顕微鏡による電解液中で生じる電気化学反応分布のナノスケール観察” 日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会第87回研究会 2017年11月14日 東京大学生産技術研究所(東京)
  5. 福間剛士 "AFM用力検出機構の高性能化と応用事例" 第二回AFMソリューションセミナー 2017年11月13日 かながわサイエンスパーク(川崎)
  6. Y. Takahashi “Live cell super-resolution topography and chemical imaging by scanning probe microscopy” International seminar on biophysics and chemical biology of biomembrane and lipid bilayers 9 Oct., 2017 Osaka, Japan
  7. Y. Takahashi “Nanoscale electrochemical imaging by scanning probe microscopy” International Workshop: New Electroanalytical Techniques and Their Emerging Applications (IWNET-2017) 26 Sep., 2017 Xi'an, China
  8. Y. Takahashi “Multifunctional Scanning Ion Conductance Microscopy for Single Cell Analysis” Meeting of the German Society for Biochemistry and Molecular Biology 23 Sep., 2017 Bochum, Germany
  9. 高橋康史 “査型プローブ顕微鏡を利用した電気化学計測” 環境微生物系合同大会 2017年8月29日 東北大学(仙台)
  10. Y. Takahashi “Visualization of Nanoscale Inhomogeneous Current Distribution on ZrO2-Coated LiCoO2 Thin-Film Electrodes using SECCM” 9th Workshop on Scanning Electrochemical Microscopy (SECM) 15 Aug., 2017 Warsaw, Poland
  11. T. Fukuma “Atomistic Calcite Dissolution Model Investigated by High-Speed Atomic Force Microscopy” Gordon Research Conference - Crystal Growth and Assembly 25-30 Jun., 2017 Biddeford, USA
  12. 福間剛士 “高分解能AFMを用いた3次元水和・揺動構造計測技術の進展” 第3回 「水シグナリングの分子動態から病態へ」研究会 2017年3月7-8日 福井アオッサ(福井)
  13. 福間剛士 “液中原子間力顕微鏡の新技術開発と固液界面計測への応用” 第41回日本顕微鏡学会関東支部講演会 2017年2月25日 産業技術総合研究所臨海副都心センター(東京)
  14. 福間剛士 “液中原子間力顕微鏡による固液界面計測技術の進展” 第6回生体界面研究会 2017年2月10日 金沢大学(金沢)
  15. 福間剛士 “周波数変調AFMによる固液界面での水和と分子吸着構造解析” 極限ナノ造形・構造物性研究会2017年第1回研究会 2017年1月16日 東北大学東京分室(東京)

2016年

  1. T. Fukuma “Development and Applications of Advanced Atomic Force Microscopy Techniques for Nanoscience Research” The First Tufts University – Kanazawa University Joint Symposium on Structure and Function of Molecules, Tissues, and Organisms 13 Dec., 2016 Boston, U.S.A
  2. 福間剛士 “周波数変調原子間力顕微鏡を用いたサブナノスケール水和構造解析” 日本表面科学会関東支部第5回関東支部セミナー「表面・界面の水が拓くものづくりの未来」 2016年11月26日 東京大学(東京)
  3. 福間剛士 “液中原子間力顕微鏡を用いた原子・分子スケール固液界面計測” 第18回関西表面技術フォーラム 2016年11月17-18日 甲南大学(神戸)
  4. 福間剛士 “液中AFMの新技術開発と産学連携研究への応用展開” 日本顕微鏡学会走査型プローブ顕微鏡分科会研究会 2016年11月13-14日 湯沢ニューオータニホテル(越後湯沢)
  5. T. Fukuma “Atomic-resolution imaging of calcite dissolution process at1sec/frame by high‐speed frequency modulation atomic force microscopy” 4th Kanazawa Bio-AFM Workshop 2016 3-6 Oct., 2016 KKR HOTEL KANAZAWA(Kanazawa,Japan)
  6. 福間剛士 “原子スケール液中AFM技術の現状と今後の展望” 第77回 応用物理学会秋季学術講演会 2016年9月13-16日 朱鷺メッセ(新潟)
  7. T. Fukuma, K. Miyata, Y. Kawagoe, K. Miyazawa, P. Spijker, A. Foster “Calcite Dissolution Processes Visualized by High-Speed Frequency Modulation Atomic Force Microscopy with True Atomic Resolution” The 18th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy 7-12 Aug, 2016 Nagoya Congress Center(Nagoya,Japan)
  8. 福間剛士 “高速原子間力顕微鏡によるカルサイト溶解過程の原子分解能観察” 日本地球惑星科学連合2016年大会 2016年5月22-26日 幕張メッセ(千葉)
  9. T. Fukuma “Recent Advancement and Future Prospects in FM-AFM Instrumentation for Liquid-Environment Applications” Japan-Finland Research Exchange Meeting:Experiments and Theory of Liquid-Environment Scanning Probe Microscopy 2016年4月28日 Kanazawa University(Kanazawa, Japan)
  10. T. Fukuma, H. Asakawa, K. Miyata, N. Inada, K. Miyazawa “Recent Developments in Liquid-Environment frequency modulation AFM” Symposium on atomic-scale characterization of solid-liquid interfaces 2016年4月1日 Madrid, Spain
  11. 高橋康史 “ナノスケールの固液界面計測を実現する電気化学顕微鏡の創成” 公益社団法人電気化学会第83回大会 2016年3月30日 吹田
  12. 高橋康史 “ケミカルマッピングを実現するナノ電気化学顕微鏡の創成” 日本化学会第96春季年会 2016年3月24-27日 京田辺

2015年

  1. Takeshi Fukuma "Measuring electric potential in liquids" Joint ACRITAS & MAINZ Summer School, Investigating the Solid-Liquid Interface Sep. 14-17, 2015 Mainz, Germany
  2. Takeshi Fukuma and Kazuki Miyata "Visualizing atomic-scale calcite dissolution processes by high-speed frequency modulation atomic force microscopy" Atomic structure of nanosystems from first-principles simulations and microscopy experiments (AS-SIMEX 2015) 9-11 June, 2015 Helsinki, Finland/ Stockholm, Sweden
  3. Takeshi Fukuma "Introduction to Atomic Force Microscopy" Tutorial on Microscopy Techniques 8 June, 2015 Helsinki, Finland
  4. T. Fukuma, H. Asakawa, N. Inada, K. Takao, K. Miyata, K. Miyazawa “Subnanometer-scale Measurements at Solid/Liquid Interfaces by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy” 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会/第92回日本生理学会大会 合同大会 2015年3月21-23日 神戸
  5. 福間剛士 “液中周波数変調原子間力顕微鏡を用いた固液界面プロセスの原子スケール解析” 顕微鏡学会SPM分科会第35回産総研計測フロンティア研究部門セミナー/ナノテクノロジープラットフォーム微細構造解析プラットフォーム地域セミナー「グリーンエレクトロニクス材料・デバイスのSPM解析技術」 2015年3月19日 つくば
  6. 稲田なつみ、淺川雅、宮澤佳甫、福間剛士 “吸着抑制能を有するオリゴエチレングリコール末端SAMの液中3D-SFM計測” 第62回応用物理学会春季学術講演会 2015年3月11-14日 神奈川
  7. 福間剛士 “結晶溶解過程に伴って生じる水和およびイオン吸着構造変化の原子スケールAFM解析” 第2回「水シグナリングの分子動態から病態へ」研究会 2015年3月2-3日 福井
  8. 淺川雅 “3次元走査型原子間力顕微鏡を用いたソフトマター/水界面のナノ空間計測” JAISTソフトメゾマター研究ユニット第3回 異分野融合セミナー 2015年2月18日 能美
  9. 福間剛士 “周波数変調原子間力顕微鏡を用いた原子スケール3次元局所水和構造計測” 水和ナノ構造・界面ナノ科学合同研究会「固液界面の水和ナノ構造と生体高分子ダイナミクス」 2015年1月24-25日 伊豆の国

2014年

  1. 福間剛士、淺川雅、宮田一輝、稲田なつみ、宮澤佳甫 “液中周波数変調原子間力顕微鏡による固液界面現象のサブナノスケール観察” 第55回真空に関する連合講演会 2014年11月18-20日 大阪
  2. 福間剛士 “液中周波数変調原子間力顕微鏡を用いた無機結晶表面の原子分解能観察” 2014年度第2回界面ナノ科学研究会 2014年11月14日 東京
  3. 福間剛士、宮田一輝、稲田なつみ、宮澤佳甫、淺川 雅 “液中高分解能原子間力顕微鏡技術の開発とその固液界面研究への応用” 第34回表面科学学術講演会 2014年11月6-8日 松江
  4. 淺川雅、 福間剛士 “液中で原子分解能計測を可能とする周波数変調原子間力顕微鏡” 計測自動制御学会ライフエンジニアリング部門シンポジウム2014 2014年9月18日 金沢
  5. 福間剛士 “液中周波数変調AFMを用いた原子スケール固液界面計測” アサイラムAFMセミナー 2014年7月29-30日 東京
  6. T. Fukuma “Instrumentation and applications of liquid-environment FM-AFM” XXI International Summer School “Nicolas Cabrera” 14-18, July 2014 Madrid, Spain
  7. 宮田一輝、 淺川雅、福間剛士 “高速液中FM-AFMによるカルサイト結晶成長過程の原子分解能観察” 第61回応用物理学会春季学術講演会 2014年3月19日 神奈川
  8. 福間剛士 “高分解能液中AFMを用いた局所水和構造の3次元イメージング” 研究会「水シグナリングの分子動態から病態へ」 2014年3月5日 福井
  9. 福間剛士 “先端AFM技術を用いた学術・産業分野における研究の重要性と課題” CRDSナノテクノロジー・材料分野俯瞰ワークショップ「ナノ計測技術領域」分科会 2014年2月7日 東京
  10. 淺川雅 “液中原子分解能を有する原子間力顕微鏡のナノバイオ界面計測への応用” JST-CRDS 科学技術未来戦略ワークショップ「インタラクティブバイオ界面の創製」 2014年1月15日 東京

2013年

  1. T. Fukuma, K. Miyata, N. Kobayashi, H. Asakawa “Improving Fundamental Performance of Liquid-Environment FM-AFM” 2013 MRS Fall Meeting & Exhibit Dec., 2013 Boston, U.S.A
  2. 福間剛士 “液中FM-AFMによる生体分子のサブナノスケール観察とSPMシミュレータによる解析” 第5回走査プローブ顕微鏡シミュレータ導入セミナー 2013年12月11日 東京
  3. 福間剛士 “原子間力顕微鏡による液中電位分布計測技術” イノベーションジャパン2013 2013年8月30日 東京
  4. 淺川雅、稲田なつみ、片桐由智、 鈴木啓太、 福間剛士 “高分解能原子間力顕微鏡によるナノバイオ界面の3次元空間計測” 第4回 NMMSセミナー 2013年3月1日 東京
  5. H. Asakawa, T. Fukuma “3D scanning force microscopy for subnanometer-scale investigations on biological interfaces” Catalysis Research Center(CRC) International Symposium, New Challenges on the Bio-interfaces: Structures and Dynamics 6 Feb., 2013 Sapporo, Japan
  6. 福間剛士、稲田なつみ、片桐由智、淺川雅 “液中周波数変調AFMを用いた固液界面構造の3次元計測” 第15回高分子表面研究討論会 2013年2月1日 東京
  7. T. Fukuma “Atomic-scale Imaging of Solid/liquid Interfaces” 7th Japanese-French Frontiers of Science Symposium 18 Jan., 2013 Otsu, Japan
  8. 福間剛士 “液中周波数変調AFMを用いた生体試料の液中サブナノスケール観察” 分子研研究会「生物物質科学の展望」 2013年1月11日 岡崎

2012年

  1. 福間剛士 “超高分解能液中原子間力顕微鏡の開発と固液界面計測への応用” 熊本大学 自然科学研究科 AGEIN 学生主催特別講演会 2012年12月12日 熊本
  2. T. Fukuma, H. Nakayachi, K. Miyata, N. Kobayashi, H. Asakawa “Atomic-resolution imaging in liquid by FM-AFM using small cantilevers with megahertz-order resonance frequencies” MRS fall meeting 2012 27 Nov., 2012 Boston, USA
  3. T. Fukuma, H. Asakawa, N. Kobayashi “Visualizing subnanometer-scale distribution of water at solid/liquid interfaces by three-dimensional scanning force microscopy” First International Symposium on Advanced Water Science and Technology(ISAWST-1) 12 Nov., 2012 Nagoya, Japan
  4. T. Fukuma,H. Asakawa,N. Inada, Y. Katagiri “High-resolution Imaging of Mobile Water and Fluctuating Surface Structures at Nanobio Interfaces by 3D Scanning Force Microscopy” 3rd Kanazawa Bio-AFM Workshop 2012年11月8日 金沢
  5. 福間剛士、宮田一輝、 淺川雅 “液中FM-AFMの基本性能の改善” 日本学術振興会 第167委員会 第68回研究会 2012年10月18日 福島
  6. 淺川雅 “液中周波数変調AFMのナノバイオ界面計測への応用” 2012年秋季 第73回 応用物理学会学術講演会 2012年9月11日 愛媛
  7. T. Fukuma “SUBNANOMETER-SCALE IMAGING OF NANOBIO INTERFACES BY FM-AFM” XXI INTERNATIONAL MATERIALS RESEARCH CONGRESS(IMRC-2012) 13 Aug., 2012 Cancun, Mexico
  8. 福間剛士 “液中原子間力顕微鏡による原子スケール固液界面計測” 環境化学系合同ゼミ第30回記念講演会 2012年6月25日 金沢
  9. 福間剛士 “液中周波数変調AFMの性能改善と多機能化” 日本顕微鏡学会 第68回学術講演会 2012年5月16日 つくば
  10. T. Fukuma “Subnanometer-Resolution Liquid-Environment AFM for Investigations on Biological Interfaces” The First International Conference on Materials, Energy and Environments(ICMEE 2012) 10 May., 2012 Toledo, USA
  11. T. Fukuma “Atomic-scale studies on hydration structures at solid/liquid interfaces by FM-AFM” Fundamental Aspects of Friction and Lubrication 19 Apr., 2012 Leiden, the Netherlands
  12. 福間剛士 “液中周波数変調AFMの開発と固液界面計測への応用” 第5回SFG研究会 2012年3月11日 仙台
  13. 淺川雅 “液中高分解能原子間力顕微鏡の開発と生体分子計測への応用” 生物物質科学フォーラム 2012年3月9日 金沢
  14. 福間剛士 “高分解能液中原子間力顕微鏡による固液界面の原子スケール計測技術” 金沢大学 理学談話会 2012年2月22日 金沢

2011年

  1. 福間剛士 “脂質二重膜上に形成された水和構造の3次元AFM観察” 第31回 表面科学学術講演会 2011年12月15日 東京
  2. 福間剛士 “水中の原子・分子を高分解能でとらえる顕微鏡” 日本海イノベーション会議 2011年12月10日 金沢
  3. 福間剛士 “液中ナノイメージング技術の開発とバイオサイエンスへの応用” 第4回金沢大学未来開拓シンポジウム 2011年10月29日 東京
  4. 福間剛士 “工系研究分野における成果発表に関する実践的ノウハウ” グローバルな学術世界と研究 2011年10月25日 金沢
  5. T. Fukuma “Visualizing Nanobio‐interfaces by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy” 2011 Korea Japan Symposium on Molecular Science 8 Jul., 2011 Busan, Korea
  6. 福間剛士 “生体膜界面での液体構造” 第5回分子科学シンポジウム 2011年6月28日 岡崎
  7. 福間剛士 “周波数変調原子間力顕微鏡の固液界面計測への応用” 第一回走査プローブ顕微鏡シミュレータの開発セミナー 2011年3月8日 東京

2010年

  1. T. Fukuma “Subnanometer-scale Imaging of Interfacial Water by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy” Miniworkshop on Aqueous Interfaces in Physics, Chemistry and Biology 27 Nov., 2010 Taipei, Taiwan
  2. 福間剛士 “液中周波数変調原子間力顕微鏡の開発とその生体膜研究への応用” 分子アンサンブル2010 2010年11月16日 和光
  3. 福間剛士 “周波数変調AFMによる固液界面計測技術の発展と将来展望” 日本顕微鏡学会シンポジウム 2010年11月12日 金沢
  4. T. Fukuma “Subnanometer-scale Visualization of Nanobio-interfaces by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy” BIT's 1st Annual Congress of Nanomedicine 2010 25 Oct., 2010 Beijing, China
  5. 福間剛士 “原子間力顕微鏡を用いた固液界面の原子分解能イメージング” 分子研研究会 「グリーンイノベーションのための 表面・界面化学」 2010年10月6日 岡崎
  6. 福間剛士 “周波数変調AFMによるナノバイオ界面の高分解能イメージング” 有機バイオSPM研究会・2010 2010年9月3日 千葉
  7. T. Fukuma “Subnanometer-resolution FM-AFM Imaging of Biological Systems in Liquid” 167 Committee Satellite Workshop on SPM 4 Aug., 2010 金沢
  8. 福間剛士 “固液界面の原子分解能イメージング技術” 科学・技術フェスタin 京 平成22年度産学官連携推進会議 2010年6月5日 京都
  9. 福間剛士 “超高分解能原子間力顕微鏡を用いた液中界面イメージング” 日本顕微鏡学会 第66回学術講演会 2010年3月26日 名古屋
  10. 福間剛士 “AFMで探る脂質二重膜界面の溶液構造” 日本化学会 第90春季年会 (2010) 2010年3月26日 東大阪
  11. 福間剛士 “液中周波数変調AFMによる生体試料の分子スケール観察” 2010年(平成22年)春季  第57回応用物理学関係連合 講演会 2010年3月19日 平塚
  12. 福間剛士 “原子分解能を有する液中三次元イメージング技術の確立” JSTイノベーションプラザ 石川新技術発表会2010 2010年1月28日 金沢

2009年

  1. T. Fukuma “Frequency Modulation Atomic Force Microscopy for Visualizing Nanobio-Interfaces” 19th Academic Symposium of MRS-Japan 2009 7 Dec., 2009 Yokohama,Japan
  2. 福間剛士 “三次元走査型原子間力顕微鏡を用いた固液界面空間の研究” 日本顕微鏡学会 SPM研究部会 第12回研究会 2009年12月6日 湯沢
  3. T. Fukuma “Instrumentation and Applications of Liquid-Environment Frequency Modulation Atomic Force Microscopy” MRS fall meeting 2009 1 Dec., 2009 Boston, USA
  4. 福間剛士 “液中AFMの分子界面研究への応用” 第2回バイオ・ナノテクフォーラム21 2009年6月18日 東京
  5. 福間剛士 “超高分解能原子間力顕微鏡を用いた液中イメージング技術の最前線” 第8回北陸ポストゲノム研究フォーラム 2009年6月11日 金沢
  6. 福間剛士 “液中AFM観察技術の発展とナノバイオサイエンスへの応用” 科学技術振興財団 第6回 生体分子イメージングの新たな技術開発に関する研究会 2009年2月23日 名古屋
  7. T. Fukuma “Molecular-Scale Investigations on Model Biological Membranes by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy” The XI Linz Winter Workshop 2009 6-9 Feb., 2009 Linz, Austria

2008年

  1. T. Fukuma “High-Speed Frequency Modulation Atomic Force Microscopy” 16th International Colloquium on Scanning Probe Microscopy (ICSPM16) 11 Dec.,2008 Atagawa, Japan
  2. 福間剛士 “周波数変調原子間力顕微鏡によるモデル生体膜上に形成された水和層の分子分解能観察” 日本生物物理学会第46回年会 2008年12月3日 福岡
  3. 福間剛士 “液中原子間力顕微鏡による生体分子/生理溶液界面現象の分子分解能観察” 日本バイオマテリアル学会 シンポジウム2008 2008年11月17日 東京
  4. 福間剛士 “周波数変調AFM技術の開発とその有機分子・バイオ系への応用” 第1回若手研究者支援のための産学共同GCOE国内シンポジウム 2008年10月3日 札幌
  5. 福間剛士 “高分解能液中AFMのナノバイオサイエンスへの応用” 日本学術振興会第141委員会 第131回研究会 2008年2月25日 東京

2007年

  1. T. Fukuma “Nanoscale Characterization of Protein Aggregates and Nanofibers” The 6th International Symposium on Atomic Level Characterizations for NewMaterials and Devices '07 28 Oct. - 2 Nov. 2007 Kanazawa,Japan
  2. 福間剛士 “高分解能原子間力顕微鏡のナノバイオサイエンスへの応用” 第10回バイオサイエンスシンポジウム「計測技術の最前線-分子から細胞まで-」 2007年11月9日 金沢
  3. T. Fukuma “Direct Imaging of Water/Lipid Interface by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy at Sub-Angstrom Resolution” Kanazawa Workshop on Atomic Force Microscopy 15-18 Jan. 2007 Kanazawa,Japan

2006年

  1. T. Fukuma “Direct Visualization of Water/Lipid Interface by Frequency Modulation Atomic Force Microscopy at Sub-Angstrom Resolution” Frontiers in Scanning Probe Microscopy 4-6 Oct. 2006 West Lafayette, USA
  2. T. Fukuma “Instrumentation and Biological Applications of Dynamic Force Microscopy” Frontiers in Microscopy 5-7 Jul. 2006 Bar Harbor, USA

2005年

  1. T. Fukuma “Biological Applications of Atomic Force Microscopy in Liquid” Microscopical Society of Ireland 29th Annual Symposium 7-9 Sep. 2005 Dublin, Ireland